ブログ

2014.08.19ラジオ波温熱婦人科疾患セミナー 8.17(sun)@あべのハルカス会議室

image2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月17日(日)、大阪あべのハルカス25F会議室にてラジオ波温熱婦人科疾患セミナーを開催しました。

参加者の先生方、講師の阪上あい先生、スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

前日まで降り続いていた大雨も止み、25階からクラクラするような景色を横目に、

これまでになかった内容の物療セミナーとなりました。

講師の先生が若くてきれいな女性で、

参加者の半分以上が女性の先生で、

内容は婦人科疾患の治療で、

男兄弟、体育会系で育ったぼくからすると、まったく勝手がわからず、企画段階から未知なる世界でした。

いや~ほんとよく企画した!って今でも思いますが、

皆さんのおかげでとてもとても勉強になるセミナーになりました。

ありがとうございました<(_ _)>

 SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでの物療のセミナーというと、筋や腱、関節の「痛み」へのアプローチがほとんどでしたが、

今回のセミナーは「婦人科疾患」ということで、

「痛み」とは違う、「自律神経」へのアプローチでした。

「冷え症」「更年期障害」「PMS」などに対して、ラジオ波温熱機器ラジオスティムをどのように使うか?

どれくらい効果があるのか?

鍼灸とはどう組み合わせていくのか?

そして、それらの治療をどう治療院の経営に組み込んでいくのか?

マノマノ鍼灸院院長の阪上あい先生にたっぷりレクチャーしていただきました。

ほとんどの参加者の先生に、マノマノ鍼灸院流のラジオ波温熱を体感していただき、

セミナー後半は参加者の先生も施術者として、ラジオ波を使っていただきました。

長年ラジオ波を愛用してきた、女性院長ならではのテクニックは、

細やかな気遣いの行き届いた、洗練されたテクニックで、

体の中に熱を作っていきます。

外部から直接熱を加えるのではなく、摩擦熱による深部加温です。

ん~ ぼくらが知っている使い方とは明らかに違う。

始終、関心しながら見ていました☆

 

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始めてラジオ波を見た先生も、すでにラジオスティムを導入されているユーザーの先生も、

興味深く覗き込んではメモをとり、

阪上先生の声にうなずき、

たまに質問を投げかけ、

それに阪上先生が丁寧に答える。

いや~ ほんと勉強になるいいセミナーでした。

セミナー後、参加者の先生方からもたくさんのありがたい感想いただき、嬉しい限りでございます。

またやりたいです、ぜひ!

そして、次こそは冷え症気味のぼくもあのテクニックを体感したいです!

次はメーカー主催で、東京でも同じようなセミナーを開催するとのことです。

またお知らせしますね☆

ラジオ波温熱、ラジオスティムに関するご質問、デモのご依頼はニットクまでお声掛けください。

image[1]

 

私たちの知恵と技をもって、治療院の開業と運営を助けます。

先生の想いをヒアリングしたうえで、私たちはさらに+αのポイントを見つけ出し、最適な提案をいたします。

動物用医療機器販売
詳しく見る
整骨院 開業サポート
詳しく見る
医療機器販売
詳しく見る

PAGE TOP