ブログ

2021.02.03無痛の治療 イトーIM-2000 & LTU-904H

 

 

自分の体に異変が起こると機器をいろいろ試したくなります。

その場で痛みが軽減する、腫れが落ち着くこともあれば、

返って痛みが増す、全く変化無しってこともあります。

機器選びではまず刺激が強いか弱いのかを考えます。

ボクは痛いところに強い刺激をやりたくない派です。

いくら即効性があるとはいえ、ただでさえ痛いところにガツーン!

とくるような刺激は怖いですよ。

患者さんも同じような方が多いと思います。

痛いところに医療機器を向けられたら、それだけで普通ビビります。

先生は毎日使っていますし、患者さんの反応も知っているので

いつも通りやると思いますが、患者さんのほとんどが物療初体験です。
さて、弱い刺激でも信頼できるのは微弱電流、半導体レーザー、超音波。

半導体レーザーLTU-904Hは患部に接触させなくてもいいので、

酷い腫れでも問題なく使えます。

無感覚なのでリラックスして治療を受けることに集中できます。

 

 

今回は娘の母趾MTP関節側副靭帯損傷にレーザーを当てました。

最初は怖がっていましたが、無感覚だとわかると積極的に自分から治療をし始めました。

話をしながら20分くらいやったところ、腫れがちょっと落ち着いたかな?くらいになりました。

次の日見てみると大分腫れは落ち着いていました。

それから整形外科で固定してもらいました。

固定されている間はレーザーは出来ませんでしたが、

治りはかなり早かったと思います。

 

 

最新の微弱電流イトーIM-2000(伊藤超短波)も無痛で、しかも即効性があります。

これまで微弱電流というのは粘着パッドを貼り付けて、できるだけ長い時間通電する。

そういう使い方でしたが、これはペン型の導子で積極的に患部を攻めます。

攻めると言っても軽くさする程度で、基本無痛です。

自身の上顆炎で試しましたが、基本何も感じません。

しかし10分後

お、おぉ!おぉぉ!

痛み完全消失!

これはスゴい!

強い刺激で一時的に麻痺させる感じではない!

優しくなでていただけで痛みがなくなってる!

医療はますます低侵襲の方向ですが、物療もここまできましたね!

もう電気ビリビリ!とかいう時代ではないです。

 

因みに、次の日上顆炎の痛みが戻ってきました。

前より大分ましになっていたので、継続してやっていきます。

 

イトーIM-2000 & LTU-904H

私たちの知恵と技をもって、治療院の開業と運営を助けます。

先生の想いをヒアリングしたうえで、私たちはさらに+αのポイントを見つけ出し、最適な提案をいたします。

動物用医療機器販売
詳しく見る
整骨院 開業サポート
詳しく見る
医療機器販売
詳しく見る

PAGE TOP