ブログ

2019.06.13マイナンバーカードが保険証に!?

マイナンバーカード保険証に、22年度中に全国で(日経新聞)

ま、こうなるだろうとは予測していた先生もいるかもしれませんが、発表がありました。

政府はマイナンバーカードを健康保険証として使えるようにすることを盛り込んだ、健康保険法などの改正案を決定した。2021年3月からの施行を目指す。カードの利便性を高めて普及を促すとともに、受診時の本人確認を確実にし、医療保険の不正利用を防ぐ狙いがあるという。

新たな仕組みでは、医療機関の窓口に設置する専用機器でマイナンバーカードの裏側のICチップを読み込むという。専用機器は、保険診療の支払い審査を行う「社会保険診療報酬支払基金」などとつながっていて同基金がカードの所持者の健康保険証の情報を送信、医療機関が保険資格を確認できるようになる。これまで通り健康保険証も使用できる。

普及策の柱の一つが、健康保険証の代わりに医療関連のサービスで利用できるようにすることだ。保険証は日常的に利用する人が多いため、代用できれば普及が進むとみている。医療機関にはカードの読み取り端末が必要になるため、政府が支援する。オンラインで資格を確認するため、失効した保険証の不正利用などを防ぐ効果もある。

医療費控除の手続きも簡単にする。利用者はまず、確定申告する際に国税庁のサイトからマイナンバーカードで個人認証する。「医療費通知」のボタンを押すと、1年分の医療費の合計額がサイト上で一覧できるようにする。合計額が控除の適用基準を超えていた場合は、そのままサイト上で申告もできる。

政府の運営サイト「マイナポータル」で様々な医療情報も閲覧できる。21年3月からは特定健康診査(メタボ健診)の情報、同年10月からは過去の投薬履歴を見ることができるようにする。

 

2019.06.06あはき、柔整の広告規制。

広告に関する検討会が昨年から開催されています。

第7回目は広告可能事項として拡大したい広告事項に関する要望がヒアリングされ、それに対する意見交換が行われたようです。

鍼灸、按摩マッサージ師の側からの要望は、

国家資格を保有している旨の記載

療養費の対象疾患

標準的な料金に関する記載

これは現在だいたいどこの治療院で書いてる内容だと思います。

「ウェブサイトでの規制については、内容が虚偽にわたる広告、他の治療院と比較して優良である旨の広告、誇大広告などは規制し、将来的に法改正されるまでは自主的な取り組みを行うべき。」

ここが大きなポイントで、これがこのままいくとホームページ、SNSでの表現がかなり制限されることになります。

また、ガイドライン施行後は、可能な限り速やかに、かつ地域によって偏りが出ないような取り締まり方法を引き続き検討していただきたいという意見が。 

それに対して保険者、医師会側は

「医師の診断に基づいて施術に当たるという立て付けからすると、療養費の対象疾患を記載することはふさわしくないと考える。」

「疾患名を記載するということは、患者が疾患名を自分で想定して来院するケースも考えられるため、療養費の枠組みとして不適切ではないか。」

「療養費の対症疾患と自費料金を一緒に記載してしまうと、その料金で療養費の対象疾患を治療できると誤解されてしまう恐れがある。」

「自費の料金を記載するなら疾患名を書かない、とすべきではないか。」

「広告範囲を拡大していくということではなく、無資格者の規制をきちんとしていくことが根本解決につながるように思う。」という意見。

なかなか手厳しい…

柔整団体側の要望は

国家資格を有している旨の記載

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷という療養費の支給申請の対象範囲

「柔道整復とは関係のない施術については広告を規制し、柔整施術所の中では柔整施術しかできないというのを徹底されるようにしていきたい。」

「一番望むのは無資格者の広告規制。」

「無資格者が営業する整体、カイロプラクティック等が、有資格者がひっ迫する一番の要因となっている。」

「無資格であれば何を広告してもいいという状況を改善してもらいたい。」

ごもっともですね。

それに対しての主な意見は

「現行法では無資格者に規制はかからない。そこに規制をかけないと様々な問題がクリアにならない。」

「有資格者についてだけ規制しても根本解決にはならない。」

「自費施術の料金は個々において違っているのであれば、施術所の中やホームページにあるぶんには問題ないように思うが看板としてはどうかと思う。」

「柔整でもはり灸をやっているダブルライセンスの施術者も多くいて、自費のはり灸で派手に広告をうって患者を誘引して、保険の施術で付け替えるという不正が非常に多い。」

次回、これらに対する正式な回答がでるのか?!

 

広告可能事項の範囲

病院、クリニック、診療所、歯科の広告ガイドライン

 

2019.05.08『温灸器を使ったこれからの訪問施術講座』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4/20(土)『温灸器を使ったこれからの訪問施術講座』が開催されました。

講師の西條先生は訪問施術時にチュウオーの温灸器「一灸」を愛用しており、そのノウハウを伝えるのがこの講座。

内容は温灸器の細かい使用法というよりも、

訪問施術と同意書、

温灸器を使うことでどういったメリットがあるか?

どう温灸器を訪問施術でいかすか? 

これらを実技をふまえてお伝えしました。

最初に今年から始まった鍼灸の受領委任の話、施術料、往療料、そこから同意書について説明がありました。

鍼灸の同意書は今年から統一書式になり、再同意が半年に一回になりました。

その際に施術報告書を提出(現在努力義務、いずれ義務化される)しなければならなくなりました。 

それから温灸器の話へ移り「一灸」を紹介。

「一灸」は電源を入れればすぐに使える電気式の温灸器。

三段階の温度設定ができ、お灸ではできない熱源を動かして施術することができます。

ツボに対してチョンチョンと点で刺激したり、

こするように動かし面の温度を上げたり、

低温で一か所を温め続けたり、

いろんな使い方ができます。

現場で使用する時に大切なのは、患者さんにお灸をしていると認識させること。

灸施術をしたのに覚えていないとなると請求時に辻褄が合わなくなるので、必ず温灸器で灸施術をやっていることをしっかり伝える。

「一灸」は導子の先がLEDで赤く光るので、やってる感がでて、患者に認識させやすい。

そして鍼の施術はリスクが少ない集毛鍼を使用。なるほど。

実技は腰痛、五十肩の施術。

「一灸」と集毛鍼を使用し、いつも通りの先生の施術を披露。

最初は怖がられないように弱めの温度設定で温灸器を使用し、いくつかのツボを刺激していく。

訪問施術は継続させることが重要なので、最初は絶対に怖がられない、嫌がられないのが重要とのこと。

質疑応答では請求についての質問が飛び交いました。

最初の質問者が終わると堰を切ったように次から次へとお金に関する話が続きました。

治療家であると共に経営者、ここが一番熱のこもったパートでした(笑)

「チュウオー 一灸」の画像検索結果

一灸(チュウオー)

2019.04.10モバイルエコー『SONON300L』

 

 

 

 

 

 

 

ポケットエコーを使いこなせ!を読んで。

白石Dr.は島根県の隠岐諸島にある隠岐島前病院の院長。

このサイトで白石Dr.は超音波画像診断装置、エコーについて記事を書いていることが多いです。

今回紹介しているのがポケットエコーの三機種。

“当然ハイエンドに比べると画質は比較にならないし、最近進化の著しいポータブル機などに比べても、画像はおもちゃみたいな感じかもしれません。”

もちろんハイエンドのエコーも病院には置いているので、比べれば一目瞭然でしょう。

でも白石Dr.はこう続けます。

“でも、あるとないとでは大違いです。”

そこから先を読んでいくとこの“あるとないとでは大違い”という意味がよくわかります。

やっぱり現場でパッと使えるってとこが大きいですね。

これまでの据え置き型のエコーだと引っ張り出してきて、電源入れて、使えるようになるまで数分かかります。

それまで雑談でもするんですかね?

ニットクで販売しているエコーは

持ち運べて、現場でパッと使えて、画質もハイクオリティ。

それがこれ→SONON300L

 

 

 

 

 

 

 

 

リニアプローブなので、皮膚表面から筋、骨を観るのに適しています。

アプリをタブレットで操作するので、直感的に使えます。

もちろん電源入れればすぐ立ち上がり、画像が見れます。

これからの整骨院にはこれが必要です!

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.06ガゼルの治療!?☆半導体レーザー治療器LTU-904H

e0066474_21322339.jpg

ニットクで販売している半導体レーザー治療器LTU-904H

資料を集めようと検索してると、おもしろいブログを発見しました。

この方はアラブ首長国連邦在住で、イヌ・ハト・ネコ・ウマ・ウサギ・ラクダ・ウシ・ヤギ・ニワトリ等を飼っている、と。

半導体レーザー治療器LTU-904Hのユーザー様で、治療対象はなんとガゼル!

かわい過ぎる!

そんなくりっくりの目で見つめられたらヤバいです。

いろいろ詳しく書いてあるので、読んでみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

はなももの別館

半導体レーザー治療器LTU-904H

2019.03.01半導体レーザー治療器LTU-904H

 

 

 

 

 

 

「片手で持って、1秒あれば治療をスタートできる。」

一昨年から半導体レーザー治療器LTU-904Hを販売してきました。

販売先は主に動物病院ですが、大学や、研究機関なんかでも使われます。

最初手にした時は「小さい!」「これで半導体レーザー!」と驚きました。

それと同時に「ちゃんと出力してるの?」「エビデンスは?」と疑問が。

実際に使用してみてもレーザーらしき光は何も見えません。

なぜか? LTU-904Hにはガイド光がありません。

治療に使うレーザーは基本人間の目には見えない波長の光を使います。

「laser wavelength」の画像検索結果

人間が見えているのは400~700nm、レーザー治療器の波長は800nm以上なので見えません。

ただそれだとどこに当たっているかわからない。

やっている気がしない。

なので、赤色のガイド光というのを付けて、赤く光らせています。

(ガイド光のあり、なしは治療効果には関係ありません。)

さて、まずは体感ということで痛めていた自分の指にレーザーを当ててみました。

ピッピッピッ…   

数分間いろんな角度から当てて、グッと手を握ってみると

おっ!効いてる、痛くない。

痛みに関してはハイボルテージ電流や超音波でも短時間で同じことができると思います。

LTU-904Hのすごいところは手にもって1秒で治療を始めることができるところ。

なんて簡単なんだろう!

電極を皮膚に貼ることもなく、ジェルを患部に塗り、終わったら拭き取ることもありません。

ただ電源を入れて痛みがある場所に当てるだけ。

数秒当ててはポイントをずらし、トータルで5~10分。

ユーザーの先生から聞いていた通りの効果です。

エビデンスを見ても痛み全般、炎症、創傷、火傷、生殖まで、いろいろ使えます。

LTU-904Hはこちら

 

 

2019.02.06『健康保険取り扱い』の表記は禁止!?

昨年11月に開催された第四回の広告に関する検討会の議事録が、昨年末厚労省のホームページにアップされています。議事録を読んでみると、激論しているのがよくわかります!それもそのはず、このまま保険者側の意見が採用されるとかなり大きな広告規制になりそうです。以下議事録の内容を書き出しました↓

柔整師会:『例えば「鍼灸接骨院」という表記が認められてしまっているという事実があります。いわゆる2免許、柔道整復師とあはきの両方の免許を持っているからということで、実際に法律が違うのに、それを認めてしまっているのも1つあると思います。その中で、同じ施術所で、例えば柔整のほうは明らかな外傷という部分で我々施術しているわけですけれども、一方ではあはきのほうではいわゆる慢性に至っているものも扱うわけですから、両方を同じ施術所の中で、同じ看板のもとで両方の施術をしているというのが1つ、いわゆる不正請求等の助長になっているのではないかと』


なるほど、柔整師会はこういう視点なんですね。鍼灸整骨院を鍼灸院と整骨院に分けるとなると、大阪なんかはかなりの数があるんで、大変なことになりますよ(汗)。

奈良県橿原市健康部:『私ども、張り込み、それからガサ入れさせていただいております。張り込みで
2,700万円不正を取り戻したというのがあるのですけれども、1週間、5時から10時まで、警察から出向してもらっている職員と一緒に、前の駐車場を借りて、カメラ据えて張り込みました。』

ここまでやっているところがあるんですね(汗) 弁護士の先生もこの検討会内で話してますが、2~3件詐欺罪で逮捕(公文書偽造の罪で)してしまえば見せしめになるんじゃないか、という意見もあります。

保険者の方からは『「医療保険取扱い」等の表記については、やはり禁止していただきたいと考えております。この健康保険法上の療養費につきましては、あくまでも保険者が審査の上決定することが法律上明記されておりまして、保険者が決定するまでは対象になるかどうかわからないという状態が続いています。ですから「医療保険取扱い」あるいは「健康保険取扱い」とはっきり書いてしまいますと、ほとんど対象になるのだろうというような誤解を招きますので、この表記につきましては禁止していただきたいということでございます。』

最後まで刺激的な話題がバンバン出てきます。「医療保険取扱い」がダメということになると、もちろん「交通事故」やその他の表記も規制されることになるでしょう。これらの内容はホームページやウェブ上でも同じく規制されるので… ん~ これは本当に目が離せません。


 東京商工リサーチによると、2018年の「マッサージ業、接骨院等」の倒産は前年比36.7%増の93件に達し、過去10年間で最多を記録し、5年連続で前年を上回ったみたいです。倒産原因は業績不振で、同業者間での競争の厳しさを増しています。それプラスこの広告規制が始まるとなると、これまでのやり方を180度変えないといけない整骨院、鍼灸院が沢山出てくると思います。もちろん、現段階では何も決まってないですし、いきなり強烈な規制にはならないと思いますが、ウェブを含めた広告の表現に何か変化があるのは間違いないです。

 

2018.11.12物理療法体験授業

DSC_3748

ニットクはいろんな柔整、鍼灸の養成校に行って物理療法の体験授業をやっております。

今回は新大阪駅近くにある大阪ハイテクノロジー専門学校の柔整科、鍼灸科で授業をやってきました。

「初めての貴重な体験~1年生 物理療法体験~」とタイトルで、大阪ハイテクノロジー専門学校のブログに紹介されています。

最近は柔整科だけではなく、鍼灸スポーツ科も授業やります。

トレーナー鍼灸師を目指す学生は、物理療法を知らないと仕事にならないと思います。

アメリカのATは大学で一年間まるまる物理療法を勉強します。

理論から実験、実践まで徹底的にやるわけです。

アメリカのプロスポーツを支えるトレーナーはそういうレベルなんですね。

日本も負けてられません!

しかし、現在専門学校のカリキュラムに物理療法は数コマしか入っていません。

なのでニットクや医療機器メーカーがこういう機会を設けて、最新の物理療法を知ってもらうということが重要だと思います。

毎年ご協力いただいているミナト医科学㈱様、伊藤超短波㈱様、酒井医療㈱様、セイリン㈱様ありがとうございました。

DSC_3749

2018.10.19NHK 『東洋医学ホントのチカラ』みましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

9月24日(月)NHK総合19:30からなんと2時間半も東洋医学についての特別番組がありました。

先生、見ましたか?

番組内容は

「西洋医学では手が届かない症状への解決策として用いられてきた東洋医学。「科学的でない」「気休めに過ぎない」と揶揄(やゆ)されることもあったが、近年、大きな変化が起きている。脳科学などを駆使し、世界中の科学者が東洋医学を研究。続々と効果を支持する根拠が確認され、急速に医療現場への導入が拡大しているのだ。最新研究や医療現場を徹底取材、東洋医学の神秘に迫っていく。」(NHK番組紹介サイトより)

というもので、鍼治療を科学したり、海外の鍼灸現場を紹介したり、セルフケアを紹介したり、漢方やヨガも含め、とにかく東洋医学てんこ盛りの2時間半でした。


これまで東洋医学がNHKでこんな大きく特集を組まれたことがあったでしょうか!

案の定すごい反響で「テレビで鍼灸みたよ」とか「あの先生出てたね」とか、テレビを見て新患が来た!なんてところも聞きました。

 個人的に興味を持ったのは、アメリカ退役軍人病院の耳鍼です。

戦場鍼灸という分野があり、耳鍼が軍人の痛みの緩和や、精神疾患、不眠の治療に使われているようです。

耳鍼に使われてい鍼は非常に小さい金色の鋲のような鍼で、それを治療点に刺鍼していきます。

一般的な耳に使う鍼ほど細くないので、一見痛そうですが、施術されていた患者は平気そうでした。

耳鍼をやった後すぐに鎮痛効果があり、劇的に症状が緩和したみたいです。

十分な医療設備がない戦場や災害現場ですぐ使えるこういう鍼は、今後世界的に注目されるでしょう。

番組で紹介されていた商品についてのお問い合わせは、ニットクまでお声がけください。

再放送あるといいですね。

2018.09.07第161回日本獣医学会学術集会出店

今回ニットクはつくば国際会議場で開催される、第161回日本獣医学会学術集会に出店してきます。

展示のメインは半導体レーザー治療器LTU-904H。

LTU-904Hはニットクが販売代理店をやっている半導体レーザー治療器で、動物病院や大学、研究機関、厩舎などで使用されています。

言葉でコミュニケーションがとれない動物に、安心して使える物理療法は限られています。

電流治療などは刺激が強いのと体毛の問題で好まれません。

超音波も体毛の問題と骨に超音波があたった時にでる音波痛があるのでダメ。

温熱療法は毛の上からでも使えますが、それほど必要とされていません。

低出力レーザーは犬や猫に使用する物理療法ではベストな選択です。

まず第一に刺激感がない。

動物と話せないので正確には言えませんが、これまで見てきた動物はみんなおとなしくレーザー治療を受けていました。

何にレーザーを使っているかというと、人間と同じ疼痛緩和が主な目的です。

また、LTU-904Hはハンディタイプで充電式なので、どこでもパッと使うことができます。

据え置き型のレーザーだとスペースも電源も必要ですが、LTU-904Hはそれらが必要ありません。

そして、気になる価格も他社の半額以下くらいです。

ぜひ展示ブースに見に来てください。

それと、今回の鍼灸用具も少し展示しようと思います。

以前セイリン株式会社様と開催した獣医師向けの鍼灸セミナーが大好評だったので、どれくらいニーズがあるのか、そちらも楽しみです。

私たちの知恵と技をもって、治療院の開業と運営を助けます。

先生の想いをヒアリングしたうえで、私たちはさらに+αのポイントを見つけ出し、最適な提案をいたします。

鍼灸院 サポート
詳しく見る
整骨院 開業サポート
詳しく見る
医療機器販売
詳しく見る

PAGE TOP